最速で日本人教師になるために

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムの評判を口コミと共に紹介させてください

ソウ
WRITER
 
アルクの日本語教育能力検定試験通信講座NAFL
この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

こんにちは!

INTI JAPANESE のソウです!

 

このサイトを見ているあなたは、アルクのNAFL日本語教師育成プログラムの購入を検討していることだと思います。

 

でも、通信講座の購入ってついつい慎重になってしまいませんか?

 

その気持ち、すごく分かります。

なぜなら、私自身もこれまで多くの通信講座を利用してきて、そのほとんどの商品が大きく期待外れのものだったから。

 

しかし実は、私はアルクのNAFL日本語教師育成プログラムにはたしかな信頼を寄せています。

なぜなら、この通信講座の受講生の試験合格率は、平均の2.5倍の54.7%だからです。

 

本記事では、そんなNAFL日本語教師育成プログラムを、受講生の口コミとともに紹介していきます。

もしあなたがNAFL日本語教師育成プログラムに興味があるのなら、絶対に最後まで読んでみてください。

 

NAFL日本語教師育成プログラムとは?

 

NAFL日本語教師育成プログラムについて少しおさらいです。

NAFL日本語教師育成プログラムとは、アルクが販売する、日本語教育能力検定試験の合格のためのオリジナル教材です。

自宅での学習だけで、日本語教育能力試験のために必要な知識を学ぶシステムになっています。

 

アルクが出版している教材とセットでお得に購入できる日本語教師育成プログラムもあるようです。

日本語教育能力合格パックについてはアルク日本語教師のオンライン教材を口コミと共に解説しますの記事で詳しくまとめています。

 

どんな教材を使っているの?

 

上の写真が、NAFL日本語教師育成プログラムに含まれている全ての教材です。

かなりボリュームのある内容になっていますね

ソウ

この教材は、試験の傾向と対策を熟知したプロの講師陣が分析を重ねて作成したもので、業界でも高い評価を得ています。

 

独学には嬉しいサポート体制

独学で勉強している人の悩みは大きく3つあります

  • 質問が出来る相手がいない
  • 一緒に合格を目指す仲間が出来ない
  • 添削をしてもらえない

しかし、アルクのNAFL日本語教師育成プログラムはこういった悩みをフォローするため、受講生限定の3つのサービスを展開しています。

 

サービス1. 受講生専用サイト「テストコ」

受講生専用サイト「テストコ」では、テキストを1冊終了するごとに、web上で確認テストが受けられるサービスです。

webテストの方式は、本番の日本語教育能力検定試験と同じマークシート方式です。またテスト終了後、結果をすぐに確認できるので、間違ったところの復習などにはもってこいですね!

この「テストコ」は受講者からかなりの高評価を得ています。

以下で口コミをみてみましょう↓

アルクのNAFLプログラムを使って合格しました。

私がこの教材で一番活用したのは、「テストコ」という実力テストサービスです!

通信講座で学んできたことだけで、ちゃんと合格出来るのか、

勉強しながら段々不安になってしまったのですが、

テキスト1冊終了毎に、WEBで受けられる試験「テストコ」があり、

回答するとすぐに結果が出て

「A判定」「B判定」「C判定」のように、今の自分の実力を確認することが出来ました。

なるべく毎回「A判定」が出るように、頑張って勉強をしていきました!

その結果、試験合格という嬉しい形となって現れたんじゃないかなと思っています。

参照:日本語教師の通信講座口コミ

 

サービス2. 学習コーチに直接相談できる

アルクのNAFL日本語教師育成プログラムは、あなたに回答実績1万7000件のプロの学習コーチがついて、学習についてのアドバイスをもらえたり、質問をすることが出来ます。

例えばこのようなことが相談できるそうです↓

  • 教材が思った以上に難しいです。暗記中心の学習になっていますが、それで大丈夫でしょうか。
  • この講座の、効果的な復習の方法を教えてください。

独学において、質問をする相手がいることはとても大事な要素です。

充実しているサポート体制であると思います。

サービス3. 安心の就職サポート

アルクは日本人教師志望の生徒のために、就職サポートセミナーを行っています。

そこでは求人情報の集め方や、面接対策を学ぶことが出来ます。受講生限定のサービスなので、内容もかなり充実しているようです。

 

NAFL日本語教師育成プログラムの実績は?

 

NAFL日本語教師育成プログラムは業界ナンバーワンの実績を誇っています。

日本語教育検定試験は合格率24%の超難関試験として言われています。

しかし、NAFL日本語教師育成プログラムの受講生の合格率はその2.5倍の57.4%です。

 

57,4%の合格率は驚きです、、本当に難しい試験なのに、、

ソウ

NAFL日本語教師育成プログラムの評判は?

アルクのNAFL日本語教師育成プログラムは、アルクが看板商品として掲げているだけあり、業界ナンバーワンの評価を受けています。

そのNAFL日本語教師育成プログラムの口コミがこちら↓

(前略)

で、私が選んだのが、「「日本語教育能力検定試験」合格をめざす」です。

というか普通に職のある身の私は420時間も通ったり、まして大学に行くなんて無理でした。

ま、消去法ですな。

でもどうすれば合格できるでしょう。というのも「日本語教育能力検定試験」の合格率は20パーセントくらいと高くなく、やみくもに勉強しても簡単に受かるものではありません。

そして、色々調べて行きついたのが、
「アルクのNAFL日本語教師養成プログラム」です。
というか、「日本語教育能力検定試験」を目指すならここの教材がベストだと思います。

この教材は完全に日本語教育能力検定試験に対応しているので、日本語教育能力の歴史とか、(絶対使わないのでこの辺の内容は全て忘れました(笑))も含めて、出題されるマニアックなことまで全て試験対策できます。

もちろん、教授方法や、文法などの解説はわかりやすく、日本語の仕組みがよくわかりました。日本語教師になるための知識が全て詰まっており、申し込んでよかったと思いました。

実際、文法を解説しているテキストは今でも参考にしています。

昼間仕事をして、帰宅後毎日コツコツ勉強するのは大変でしたが、(今思うと自分でもよくやったなぁーと思います)

勉強し、通信レポートを送り、また勉強し、レポートを送り…数ヶ月かけてプログラムを終了しました。

(中略)

そしてついに12月のある日・・合格証書と合格通知書が届いたのです!

合格証書と合格通知書
届いたときはうれしかったですねぇー↓

参考:私が日本語教師になるまで

 

他にもたくさんの高評価の口コミがありました。

他社と比較しても、圧倒的な高評価の数でしたね。

 

 

他の通信対策講座との比較

私は、アルクの通信講座を一番におすすめしていますが

別の記事で紹介している

の通信講座も高いクオリティの商品を販売しています。

あなたに合った学校を選ぶために、まずは資料をもらってみて、それから比較してみることをおすすめします。

ヒューマンアカデミーとユーキャン、そしてアルクの通信講座を日本語教育能力検定試験のおすすめ3講座を徹底比較してみたの記事で比較しています。

 

価格

 

学習期間は標準12ヶ月で、101.520円と、比較的リーズナブルな価格です。

月額でいったら大体8,500円ですね。

これほどのサポートがついて月額1万円以内ならコストパフォーマンスはなかなか高いと言えるでしょう。

 

最安値で購入する方法は?

 

公式サイトから購入するのが一番お得です。

公式サイトでは、定期的に割引セールも実施されています。

 

中古の商品などもネットでは見つけられますが、毎年傾向が変わってくる日本語教育能力試験ですから、最新の教材を購入するべきです。

ソウ

また、公式サイトからの申し込みでないと、「受験生専用サイトテストコ」などのサービスが受けれないリスクが生じます。

しかし、最安地で購入できる公式サイトから購入すれば、なにも問題ありません。

一応こちらに公式サイトのリンクを貼っておきますね!!

今なら限定で割引セール実施中




今回は、私のおすすめの通信講座、アルクのNAFL日本語教師育成プログラムについてご紹介しました。

本当におススメのプログラムです!!

下のボタンから公式サイトへ飛べます!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© INTI JAPANESE TEACHER , 2019 All Rights Reserved.