最速で日本人教師になるために

日本語教育能力検定試験の3つのおすすめ通信講座を徹底比較してみた

ソウ
WRITER
 
おすすめ日本語教育能力検定の通信講座
この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

こんにちは!

INTI JAPANESE のソウです!

 

「どの日本語教師通信講座を受ければいいかわからない」

とお悩みのあなたのために、

今から絶対に外さない通信講座を3つ紹介します。

 

また本記事では、教材の質・口コミ・価格・実績・就活サポートの観点から、3つのおすすめ通信講座の比較もしていきます。

 

本文を読んで、あなたにぴったりの通信講座が見つかることを願っております。

 

アルクのNAFL日本語教師育成プログラム

 

アルクのNAFL日本語教師育成プログラムは、業界ナンバーワンの実績である、受講生の検定合格率57.4%が特徴です。

日本語教育能力検定試験の平均合格率は24%ですから、これはかなり高い合格率です。

 

教材の質

 

テキストは、かなりボリュームがあり、アルクも自信をもって売り出している完成度です。試験の傾向と対策を熟知したベテラン講師陣が、分析を重ねて作成しているものです。

また最新の出題傾向を反映するために、毎年内容の見直しを行っているそう。

同梱されている、テストの記述式問題は、専任スタッフによって添削・コメントをもらえる仕組み。独学の学習者にはとてもありがたいサービスですね。

教材の質は業界最高レベルです。

ソウ

口コミ

アルクのNAFL日本語教師育成プログラムの口コミには、たくさんの高評価がありました。

一部を抜粋して紹介しようと思います↓

(前略)

で、私が選んだのが、「「日本語教育能力検定試験」合格をめざす」です。

というか普通に職のある身の私は420時間も通ったり、まして大学に行くなんて無理でした。

ま、消去法ですな。

でもどうすれば合格できるでしょう。というのも「日本語教育能力検定試験」の合格率は20パーセントくらいと高くなく、やみくもに勉強しても簡単に受かるものではありません。

そして、色々調べて行きついたのが、
「アルクのNAFL日本語教師養成プログラム」です。
というか、「日本語教育能力検定試験」を目指すならここの教材がベストだと思います。

この教材は完全に日本語教育能力検定試験に対応しているので、日本語教育能力の歴史とか、(絶対使わないのでこの辺の内容は全て忘れました(笑))も含めて、出題されるマニアックなことまで全て試験対策できます。

もちろん、教授方法や、文法などの解説はわかりやすく、日本語の仕組みがよくわかりました。日本語教師になるための知識が全て詰まっており、申し込んでよかったと思いました。

実際、文法を解説しているテキストは今でも参考にしています。

昼間仕事をして、帰宅後毎日コツコツ勉強するのは大変でしたが、(今思うと自分でもよくやったなぁーと思います)

勉強し、通信レポートを送り、また勉強し、レポートを送り…数ヶ月かけてプログラムを終了しました。

(中略)

そしてついに12月のある日・・合格証書と合格通知書が届いたのです!

合格証書と合格通知書
届いたときはうれしかったですねぇー↓

参考:私が日本語教師になるまで

 

このように、かなりの高評価を得ているようです。

 

実績

 

すでに言及してしまいましたが、アルクのNAFL日本語教師育成プログラムの実績は、業界トップクラスです。

日本語教育能力検定試験の合格率は24%なので、かなり難関であるのにも関わらず、NAFL日本語教師育成プログラムの受講生の合格率は、その2.5倍の57.4%です。

こういった実績は、通信学校を選ぶ際の大きな要因になってくるでしょうね

ソウ

就活サポート・その他のサポート

 

日本語教師として就職するために必要な情報やテクニックをアドバイスしてもらえる「就職サポートセミナー」に受講者限定で参加することが出来ます。

また面接対策も行っているので、かなり実践的な就活が学べます。

その他のサポートとして、回答実績1万7000件のプロのアドバイザーが、あなたの質問にマンツーマンで回答してくれます。独学の不安要素を取り除いて、一人で悩むことなく学習を進めることが可能です。

例えばこのようなことが相談できるそうです↓

  • 教材が思った以上に難しいです。暗記中心の学習になっていますが、それで大丈夫でしょうか。
  • この講座の、効果的な復習の方法を教えてください。

独学の不安要素についてのサポートが充実しています

ソウ

価格

 

学習期間は標準12ヶ月で、101.520円と、比較的リーズナブルな価格です。

月額でいったら大体8,500円ですね。

これほどのサポートがついて月額1万円以内ならコストパフォーマンスはなかなか高いと言えるでしょう。

 

総評

 

教材 口コミ 実績 価格 サポート

 

全体の評価としては、教材の高いクオリティと圧倒的な実績は、業界でもトップクラスで信頼できます。

価格は安くはないですが、月額8,500円と考えると、コストパフォーマンスはいいのではないかと思います。

全体的に評価は素晴らしいです。価格に見合った成果を得ることが出来るでしょう。

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムの資料請求と購入は下のリンクからどうぞ。

ちなみにアルクのNAFL日本語教師養成プログラムについては、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムの評判を口コミと共に紹介させてくださいの記事でより詳しく解説しています。

 

ヒューマンアカデミー「(通信)日本語教育検定試験講座」

(通信)日本語教育検定試験講座とは、大手資格試験対策会社ヒューマンアカデミーが販売する、日本語教育能力試験の合格のためのオリジナル教材です。

 

特徴は、日本語教育能力試験の合格者の5人に1人がヒューマンアカデミー出身である実績と、業界トップの手厚い就活サポートです。

ヒューマンアカデミーには、就活サポート課という、就活専用の部署が設置されています

ソウ

教材の質

 

上の写真が、「(通信)日本語教育能力検定試験講座」に含まれている教材です。

名物講師陣の講義を収録したDVDが19枚付属されています。

また、日本語教育能力試験の受験者2人に1人が愛読する写真右上の赤い3冊の本「日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド」も同梱されています。

通信教材といえど、講義形式で学習を行える点は魅力的ですね。

ソウ

口コミ

ヒューマンアカデミーの「(通信)日本語教育能力検定試験講座」の教材の口コミを紹介します。

日本語教育能力検定合格を目指すために、ヒューマンアカデミーの通信講座を受講しました。

普通の通信講座だとテキストとCDがメインだと思いますが、

ヒューマンアカデミーの講座では授業のDVDがついてくるところがとても良かったです。

このDVD教材が良くできていて、直接授業を受けているような気持ちで受講できました。

テキストを読みこなすって結構大変だと思うのですが、DVDを観ればOKというのは通信講座受講者としてはありがたいプログラムでした。

参照:日本語教師の通信講座口コミ

 

全体的に高評価の口コミがとても多かったです!

ソウ

実績

 

日本語教育能力検定試験の合格率は20%前後と、とても難しい試験であることで知られています。

しかし、日本語教育能力試験の合格者の5人に1人がヒューマンアカデミー出身であるらしいです。

かなりの合格者を輩出してきているようですね

ソウ

それだけの実績を持つ学校ともなると、教材の質の高さも保障されているようなものです。

もっと具体的な実績を知りたい方は、無料の資料請求をしておきましょう。

就活サポート・その他のサポート

 

ヒューマンアカデミーの就活サポートは、間違いなく業界一位の充実さでしょう。

日本語教師の資格のほかにも多彩な事業を展開するヒューマングループが、その卒業生により広がったパイプを活かし、あなたの就職活動をサポートしてくれます。

生徒の就活サポート専用の部署もあり、サポート体制は万全のようです。

 

また、面白い情報があります。

ヒューマンアカデミーの修了生は、約4割が海外で働いているそうです。つまり、海外からの求人が多いということです。

実際、僕が就職の説明を聞きに行った時、

タイ・中国・韓国などのアジア諸国をはじめ、コロンビア・メキシコなどの中南米の国や、オーストラリア・ロシア・トルコ・ポーランドなどからの求人も多数見られました。

 

修了生の就職先一覧は無料でもらえる資料に書いてあります。興味のあるかたは、下のリンクからどうぞ!

価格

 

標準学習期間は6ヶ月で、132,600円と、なかなかお値段は張るようです。

しかし、最大12ヶ月までは受講できます。

 

なので月額で換算した場合、月11,000円となります。

少し価格は高めの設定ですね、、、

ソウ

総評

教材 口コミ 実績 価格 サポート

 

教材のクオリティ、実績ともにとても優秀です。

特に、資格獲得後の就職活動にも力を入れたい場合、この講座はとてもおススメです。

しかし、サービスが充実している分、お値段は平均よりも上がってしまっています。

それがこの講座のデメリットでしょう。

購入はこちらから可能です。

ヒューマンアカデミー日本語教師の通信講座を口コミ・レビューとともに解説しようと思うの記事でヒューマンアカデミーについてはより詳しく解説しています。実際に使ってみたレビューも載せています。

 

ユーキャン

 

ユーキャンの日本語教師養成講座は、資格獲得系会社ユーキャンが販売する、日本語教育能力検定試験の合格のためのオリジナル教材です。

ユーキャンは、日本語教育検定試験の通信教材を業界最安値で販売しています。

さっそく内容を見ていきましょう!!

ソウ

教材の質

 

教材は、試験の分野ごとにまとまっている5冊のテキストとリスニング対策CD、それに試験対策の3冊の問題集で構成されています。

他の通信教材と比べると、教材の少なさを感じると思います。理由は、日本語教育の専門家が全面的に監修を行って、必要な内容だけをピックアップしているからだそうです。

口コミ等を見る限り、教材のクオリティも良さそう。

教材のサンプルはこちらから見れます。

 

口コミ

 

ユーキャン日本語教師養成講座の口コミをいくつかご紹介していきます。

ハナミズキコハク
2019/03/29
テキスト薄いと思ったら中身が濃すぎて(;゚Д゚)!
記憶力に自信がないけど挫折しないように頑張りたいと思います。

オガジョー
2019/03/07
レッスン4の勉強を開始して以来、かれこれ2ヶ月になろうとしています。最近やっとですが、物事の内容が、一つの点としか最初の内は捉える事が出来なかったのが、実は他の様々な点と点とが上下左右、前後に結び付いて一つの長い線を形成しているのだ!との発見が出来るようになり、いよいよ学ぶ楽しさに魅了されています!諦めずに着実に一歩ずつ前へ進めば到達出来る異次元のような気がしてなりません。

参照:通信講座 体験談

 

「本は薄いのに内容はとても充実している」といった口コミが多いです。

この講座の標準学習期間も8ヶ月ですので、見た目よりもかなりボリュームがあることは間違いないです。

「情報量が少ない」などという口コミは一つも見られませんでした

ソウ

実績

 

ユーキャンの日本語教師養成講座には実績がありません。

これがユーキャンの分かりやすいデメリットですね。

 

というのも、ユーキャンの日本語教師養成講座は2018年8月上旬に開始したサービスです。

つまり、今年の10月の試験結果が最初の実績となります。

 

もし、あなたが実績のある通信講座を選びたいのであれば、アルクやヒューマンアカデミーの通信講座を選ぶことをおすすめします。

 

就活サポート・その他のサポート

 

分野ごとに添削課題の提出があり、講師が赤ペンで回答のコツなどを添えたうえで、的確に指導をしてくれます。

またメールや郵送で、講師や指導スタッフに質問をすることが可能です。

 

しかし、就活サポートは行っていないようです。

とにかく試験対策に特化した講座のようです

ソウ

価格

 

教材費・指導費・消費税すべて込々で59,000円です。

標準学習期間は8ヶ月なので、月額に換算すると月7400円程度です。

他の通信学校と比べて、価格は最安値となっております。

この圧倒的低価格こそが、ユーキャンの最大の魅力と言えるでしょう。

 

総評

 

教材 口コミ 実績 価格 サポート

 

この圧倒的な低価格は魅力です。

8ヶ月のサポートがあって価格を5万円台に抑えられるのは、やはり大手企業ならではですね。

しかし、今年から始まったプログラムなので、実績がないというのは少し難しいところです。

アルクやヒューマンアカデミーには目に見える実績がありますからね

ソウ

また、ユーキャンは就活サポートを行っていません。完全に資格を取るためだけに特化した教材だということです。

特に就活サポートなどに興味がなく、教材さえもらえればいいという人には、うってつけの通信講座と言えるかもしれません。

 

講座の購入はこちらから行えます↓

 

記事でヒューマンアカデミーについてはユーキャンの日本語教師講座の口コミと評判は?の記事でより詳しく解説しています。

 

3講座を比較してみる

では、以上の3講座を比較してみましょう!

教材 口コミ 業績 価格 サポート
アルク
ヒューマン
ユーキャン

 

教材に関しては、どの会社も高いクオリティのものを販売しています。それぞれ内容は違いますが、どの教材も、あなたが合格を目指すのには申し分ない品質です。

なので、各講座の特徴は

  • アルク→業績1位の高い品質かつ比較的お手頃価格
  • ヒューマン→高い品質で就職サポートは充実しているが価格は高め
  • ユーキャン→業績が無いので不安はあるが、超低価格かつ高品質

となります。

各講座の特徴を理解し、あなたにあった講座を選びましょう。

 

僕がおすすめする選び方は、

  • 確実に合格という結果を勝ち取りたい人→アルク
  • 合格後の就活まで視野に入れている人→ヒューマン
  • とにかく低コストで合格したい人→ユーキャン

です。参考にしてくださいね!!

 

アルクの公式ページへはここから飛べます。

ヒューマンアカデミーへはこちらから

ユーキャンはこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© INTI JAPANESE TEACHER , 2019 All Rights Reserved.