最速で日本人教師になるために

日本語教師養成講座420時間について分かりやすく解説。

ソウ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

こんにちは!

INTI JAPANESEのソウです!!

 

この記事をみているあなたは、日本語教師になるために「日本語教師養成講座を420時間以上受講する」を検討しているのではないでしょうか?

本記事では、日本語教師養成講座420時間についての大まかな説明から、内容・期間・費用・開校日・就職活動・おすすめの養成講座まで、全て分かりやすく解説していきます。

 

この記事を読んで、あなたの日本語教師への夢を一歩前進させてください!!

 

そもそも日本語教師養成講座420時間とは?

日本語教育能力検定試験

日本語教師資格の3つの取得方法をカンペキに解説しますの記事でも解説しましたが、日本語教師として日本語を教えるためには以下の3つの項目から1つ達成する必要があります。

  • 日本語教育能力検定試験に合格する
  • 大学または大学院で、日本教育を専攻として卒業する。
  • 日本語教師の養成講座を420時間以上受講すること(*大卒以上の学歴が必要)

つまり、日本語教師養成講座420時間とは、このうちの「日本語教師の養成講座を420時間以上受講すること(*大卒以上の学歴が必要)」に該当するのものとなります。

※大卒以上の学歴をもたない人が420時間の養成講座を修了しても、日本語教師の資格は得られないのでご注意ください。

 

養成講座の420時間で何を勉強するのか?

 

日本語教師の養成講座では、「日本語の発音や文法、会話や読み書きを教える」や「日本の文化や慣習、歴史、マナーなどを伝える」ために必要なことを学びます。

科目は大きく分けて「理論科目」と「実技・実習科目」の2つで構成されます。

  • 「理論科目」では、日本語を外国語として教えるために必要な知識を学びます。私たちは自然に日本語を使いこなしていますが、そのためのルールを習ったことがありません。日本語が外国語である、日本語学習者たちの疑問に答えるには「日本語=外国語」として捉えて、文法のルールなどの専門的な知識を習得する必要があります。
  • 「実技・実習科目」では、日本語学習者が使うテキストの分析方法や授業の進め方、補助教材の作成方法などを学び、日本語を日本語で教えるために必要な技術を勉強します。模擬授業やグループワーク、そして教育実習などに取り組み、現場での授業で実際に活躍できる実践力を養います。

 

どのくらいの期間で卒業できるの?

 

卒業までの期間は学校によって様々ですが、多くの学校は6カ月から12ヶ月を卒業までに必要な期間として設定しています。中には3ヶ月で卒業できるプログラムがある学校もあるようです。

しかし、あまりにも短期間のプログラムとなってくると、先ほども説明した「実技・実習科目」で学ぶ内容を習得できなかったり、日本語教授の体系的な知識が身につかないといったデメリットも生じます。

私の意見としては、1年程度の期間を使ってじっくり学習を進めていった方が、将来的に自信を持って教壇に立てるのではないかと思います。

最終目標は、「日本語を教えること」ですよね。「日本語の資格を取ること」ではありません。

ソウ

平均的な費用は?

 

日本語教師養成講座420時間の平均的な費用は50万円~60万円です。

この価格は、この講座が3ヶ月間の場合も1年間の場合も基本均一です。

もし、この金額がどうしても払えないという場合は、

  • 日本語教育能力検定試験に合格する

この方法で、日本語教師の資格を目指すのも一つの手です。

合格率24%でかなり難易度の高い試験ではありますが、通信講座などを上手く利用して合格出来れば、かなりコストを抑えての資格獲得を達成できます。日本語教育能力検定試験については日本語教育能力検定試験について難易度から合格率まですべて解説します。の記事でより詳しく解説をしています。

 

開校日はいつ?

 

これは学校によって様々ではありますが、4月・7月・10月・1月に開校日を設定している学校が多いです。

記事後半で、いくつかおススメの養成講座420時間について解説もしますが、気になっている学校があるのならば、今すぐにでも開校日を調べておきましょう。

 

就職のサポートについて

 

大手の日本語教師養成学校は、とても充実した就職サポートを行っているケースが多いです。そのため養成学校卒業後にすぐ就職先を見つけることが出来るようです。

例えば大手日本語教師養成学校のヒューマンアカデミーでは、生徒の就活サポート専用の部署があり、就活のお手伝い・セミナー・就職説明会などを行っています。

ヒューマンアカデミーは全国に29の校舎があり、業界ナンバーワンの生徒数・卒業生を持ちます。そのため、卒業生のパイプのおかげでたくさんの日本語学校から求人が来ているのです。

 

おすすめの養成講座3選

 

では、以下では私のおすすめの日本語教師養成講座をランキング形式で紹介していきます。教材・期間・価格・就職サポートの観点で比較をしながら、丁寧に解説していきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ソウ
日本語教師って最高にカッコいい職業ですよね。 同じ夢を追いかける同志のあなたの力になるためこのブログを運営しています。 もちろん常に100%信頼できる情報をお届けしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© INTI JAPANESE TEACHER , 2019 All Rights Reserved.